内側からの健康は効果的なものを摂取するべし

Blueberry

青汁を飲もう

野菜不足を補う健康食品について

最近昔から健康食品として親しまれている青汁が、野菜不足問題から再びその健康効果から注目を集めており食生活の中に青汁を取り入れる人が増えているのです。特にキャベツの一種であるケールという野菜は青汁の原料として使われることが多く青汁の原料としてはとてもポピュラーな存在なのですが、1年を通して栽培できる事やスーパー野菜とも称されるほど栄養価が優れている事などから青汁の原料によく使われるのです。ケールに含まれている栄養成分にはビタミンや食物繊維、カルシウムや抗酸化物質が非常に多く含まれており生活習慣病の予防やがんの抑制効果など様々な健康効果が期待できるのです。

ケールを原料に使った青汁の飲み方

健康食品の中でも再び脚光を浴びている青汁ですから特にメジャーな存在となっているケールの青汁を飲んでいるという方も多いかもしれません。ケールの青汁はビタミンCやEなどの抗酸化物質がたくさん含まれているのでニキビや肌荒れなどといった肌トラブルの改善効果が期待できますし、豊富な食物繊維も含んでいますから便秘解消効果などの健康効果が期待できる万能な健康食品なのですが、この青汁の持つパワーを最大限に引き出すためにも体温にできるだけ近い常温で飲むのが良いと言われています。というのも青汁を冷やした状態のままで飲むとせっかくのケールの豊富な栄養素が十分に吸収されないまま消化器官を十てしまうと言われているので気を付けた方がよいでしょう。また食事と一緒に摂取したり牛乳と混ぜて飲むことで栄養の吸収効率が上がってよいとされています。